smile seeds

愛と仕事と金

自己啓発

恋も仕事も両立できる女

女の恋と仕事は両立しないとよく言われますが、先達に少ないだけで全然問題なく両立します。両立できないのは意識の壁の問題です。

できる上司が言う言葉は「なぜ」ではなかった

夏になると気温は35度を超えますね。人は30度を超える環境では作業効率が落ちることが確認されています。また、人は暑さと怒りを感覚的に錯覚するという話もあります。 つまり、夏は仕事できない!! それはさておき、一時期のできる上司像に「なぜ」と…

するべきこととあるべき姿

大人になると勝手に誰かより上の立場を取るようになる。全く経験のない場所にいても若い人に偉そうになったりする。 そうこうしているうちに部下ができたりして指示をする必要がでる。その時間違いやすいことは「行動」と「姿」のとりちがいである。

自己啓発は死なず、自分の中でも殺さないために

成功の法則のようなことを言っている自己啓発が死なない理由。 いつまでも同じような本やセミナーが増え続けてますよね。なんででしょうか。

本当にやらないよりやって後悔する方がいいのか

「やらずに後悔するよりやって後悔する」ってもはや常識のように使われていませんか。 でも本当にそう思ってますか。取り返しがつかない、笑い話にできない、時間で小さくならない後悔を抱えることはないでしょうか。

才能ではなく知識で感覚ではなく経験だという話

そういう言葉に騙されてはいけないよという話。

最も楽しい生き方、肩書と思考

肩書は人を作る。だとすれば多くの人は平であり、多くの主婦はパート脳で、社長や幹部を経験した人が偉そうなのは仕方のないことなのかもしれない。

初めての失敗を消化すると人生が変わる

そして今の失敗を消化するためにまた失敗していなくても、初めての失敗を消化することで人生が変わる体験をしてみてはいかがでしょうか。

現実をみて夢を叶える ヒロイズムと被害妄想

「現実を見ろ」とはよく言われますが、その本当の理由をご存知でしょうか。 ただ夢を諦めろと言われたと思い反発したり、嘆いたりしていては勿体無いのでその言葉の意味をしっかり受け取れるように見直しましょう。

分かっていても本を読む理由

本を読むことは他人の人生を吸収することである。 当たり前だと思う内容でも本を読む理由

本当の稼ぐ能力

稼いでいない人は食えなくて当然。実績もないのに意見を言うな。稼いでいないのは甘え。 面白いものでこういうことを言う人はいつまでもいなくなりませんね。

今気になるいい言葉

久しぶりに気になったいい言葉メモです。 私に感じ入る言葉が誰かにも影響すると楽しいですね。

信用のしかた

信用するというのは難しいもので裏切られたり失敗したりして関係が悪くなったり縁を切るなんてこともありえます。 しかし話を聞く仲には信用したことや相手が悪かったというよりも信用のしかたが悪かったんじゃないかと思う事が多くあります。

人は自分のために不都合な強者を作り出す

世の中には多くの吸い取る強者がいて吐き出す弱者がいます。 とはいうものの、大抵は脳内で作ってるだけの権力だったり体勢だったりするわけです。なんでもかんでも強者のせいにするのは負け犬根性というか被害妄想的でもあるというお話です。

勝つための6つの力

公平だの平和だのといいつつも何だかんだとやっぱり皆勝ちたいものです。 今日は勝つ力を求めて考えます。

自分をコントロールできているという幻想

人は自分を騙すのが下手である。

新年度を迎えて

新年度と言うと自分のことでイッパイイッパイになっている人が多いですが、注意しなければいけないのは新しい人材への適応と抱擁です。 学生でも夏休み明けに自殺が増えますが、春からの対応が問題なのです。愛があっても伝えなければ入魂もただの暴力なので…

憎い人がいなくなる実験

今日は面白い実験を一つ紹介したいと思います。それは人生を変えてしまうようなことです。面倒な年上、苦手な年下、つまらない上司、噛み合わない部下全てがうまく行くようなそんな実験です。

大体の答えは自分が知っている

人から悩みは切り離せない。 悩んだことがないと言っている人だって影で悩んでいたり、自分が悩んでいることを認識していないだけだったりします。 そんな悩みも蓋を明けてみれば千差万別この悩みを隣の人が同じ様に感じて解決できるなんてことはありません。…

我慢すればいいわけがない

これは我慢すれば済むから。 我慢しなきゃいけない。 我慢どころ。 どうにも我慢が好きな人が多いようです。言葉遊びのような部分も入りますが、言葉というのは大事なもので我慢というのは代替できればかなり人生を変えるために役立つので注意してみていきま…

吐いた言葉を見返して自分を知る

自分探しの旅と言えば青春の一ページですが、就活生には死活問題のようなものですね。 情報を得るのに便利なインターネットというものを使っているのなら、自分探しの旅もその中で完結できるかも知れません。

今この瞬間幸せになる

いつか幸せになると言って耐えている人がいます。 辛い労働環境、壊れた家庭、蔑ろにされる人格。それぞれに理由があり、どれも本人にとっては看過できない重要なことです。 しかし幸せは待つことが出来るようなものでしょうか。

人生最大の壁は身内と一歩目である

目の前にある壁は地球の殆どを占める他人でしょうか、ごく僅かな身内でしょうか。それとも過大な不安や足りない勇気でしょうか。

この言葉を口にできるかどうか

言葉の力と言うのは何度もどこでもいつでも語られてきたものです。 だからもう言わなくていいと言うこともなく、今初めて見る人もいれば今ようやくそれを感じる人もいる。 そのためにいつになっても何度でもどこでも同じように同じ言葉を言い続ける人がいる…

考え続ける事が大事

大人になると考えは固定しがち。自分がそれを認識していなくてもいつのまにか老害と言われる、固定観念、古いと言われるようになる。 それは大人に鳴ったからではなく時間が経ったから。つまり子供でも新しい経験が少なく思考が減ると同じような状態になる。…

勝てなくても負けたくない男たち

男の厄介な性格といえば負けを認められないところ。場面が違うだけで女も同じなんですけどね。 負けを認めないというのは実に厄介で、何が厄介って本人が成長できないこと。大人になるって負けを認めることっていう部分もありますよね。

ラッキー最高絶好調で丸儲け

おはようございますひとしです。 めっきり冷えてきましたが北の方では雪が降ったそうで冬好きな私はテンションがシャンパンポンです。

ラッキー最高絶好調!!

おはようございます。 いつも大体おはようございますという挨拶をするんですが、時々業界じんぶりやがってみたいなお叱りを受けることもあります。 特に気にしない私ですが、気にする人なんだなということは留意します。 わざわざ怒らせるのはメンタリストで…

勝ちたければ負けを知り、勝ちを捨て利を取り、利を捨て人を取る

勝ちたければ負けを知り、勝ちを捨て利を取り、利を捨て人を取る いい言葉ではないでしょうか。 どこぞの成功したビジネスマンが言ってたらしいですよ。 ところで勝つってなんですか

助かるために責めるか、今のために寛容になるか

テレビを付けたら出雲駅伝が行われていました。 タスキを渡す目前で倒れた選手。 必死で届けようと地面を這いずります。しかし選手は医療チームに助けられてしまいました。それは失格を意味しタスキが繋がらなかった事を意味します。昔の事は知りませんが、…