smile seeds

愛と仕事と金

味方はいなくても敵ではない 生き方のコツ

世の中に自分とそれ以外の人がいるだけだ。 どこかの偉い人がそう言いました。この言葉だけではよくわからないですがこの言葉を少ししると楽しく生きる事ができるかもしれません。

ようこそ、アフタヌーンティーへ 英国式5つのティータイムの愉しみ方

ようこそ、アフタヌーンティーへ 英国式5つのティータイムの愉しみ方

続きを読む

限界の前の小さな現実を変える 思春期に知っておきたいこと

「世界の大きさが自分の限界を決める」 「世の中には自分以外に自分を知っている人はいない」 いかにも幼稚で被害妄想がひどいと思われがちなこの言葉も大切な事実の一つです。

そしてこの事が人生を決めてしまうこともあるということを認識しておかなければいけません。

続きを読む

やめるタイミング 思春期に知っておきたいこと

「やめる」習慣

「やめる」習慣

 0手 知ったとき

人はその存在を知ったときに無意識に自分に可能かどうか判断しています。例えばサッカー選手という言葉に対してやるかどうか以前にすでに答えが自分の中にあるでしょう。

この判断は人生に重要な役割を持ちます。しかしこの判断基準を変化させ間口を広げることができれば人生は明るくなります。

無意識に拒否しないというは無理なので拒否したものを拾い上げたり振り返る事が大事です。

 初手 考える

何かをせずとも人には想像があります。全ての人は想像によって人生の多くを判断し多くを捨てています。

その想像は正しいでしょうか。確かめるのが難しいものもあり、そこに時間を取られるべきではないかもしれません。しかし簡単に確かめられるものもたくさんあるはずです。

 ニテ 体験する

一度でも体験することは多くのことを与えてくれます。 合う合わないと判断しがちですが本当の思考はしたいかどうかで判断しています。したくない何かが少しでもあれば向いてない合ってないと言ってしまうのは誰にでも経験があるものです。 つまりやらない言い訳にもされがちなのが体験です。

このときの言い訳は誰でもない自分に向けて発せられていて誰かに強制される方がやりやすいのも事実です。

 さんて 慣れる

期限を決めて体験することは危機管理の基本です。 一ヶ月であれ一年であれ期限があればその間は体験を続けようという気にもなります。

しかし注意が必要なのは、やめる前提の期限は我慢のカウンドダウンであり、体験の価値を著しく低下させます。

期限はハマりすぎないための制御として使い、期限まではいかに集中して成果を出せるようになるかが大切だということです。

 ヨンテ 合わせる

世界は変わり続けるもので自分も環境も変わります。それに合わせてやめるのは代表的ないい手の1つです。 というのも変化は続けて訪れると煩わしく一緒に行うと気にならないものだからです。

自ら行う場合は思い切りが大事であり、もしかしたら必要かもくらいのものは捨てる覚悟が必要です。

「いい人」をやめる7つの方法

「いい人」をやめる7つの方法